MENU

オルニチンとは?

 

オルニチンは、どのような成分なのでしょうか?

 

オルニチンは、なんとなく肝臓に良い成分だということが分かっていても、実際にどのような成分なのか知らない方は多いと思います。

 

オルニチンは肝臓で活躍するアミノ酸で、日常的に口にする食材に含まれていたり、私たちの体の中にも存在しています。

 

オルニチンは、肝臓の働きを保って、疲労回復をもたらすような効果を期待することができます。

 

体の中のアミノ酸の多くがタンパク質の中に存在するものとなっていますが、オルニチンの場合、それとは異なる遊離アミノ酸と呼ばれるものの一種となっています。

 

血液に溶け込んだ状態で、体の中を巡って、肝臓の有害物質であるアンモニアの解毒を担うという重要な役割を果たしています。

 

オルニチンを口から摂取して、肝臓に辿り着くと、アンモニアの解毒を促進してくれます。アンモニアは人体に悪影響を及ぼす可能性があるので、そのアンモニアの解毒を助けることによって、オルニチンはスムーズなエネルギー生成に貢献しています。

 

肝臓に良い食材として、古くから食べられてきたのが「シジミ」です。

 

実際、「シジミ」には、豊富なオルニチンが豊富に含まれているののが分かり、肝臓の良いと言われてきたのは、間違っていなかったわけです。

 

関連ページ

オルニチンが含まれている食材
オルニチンが含まれている食材を紹介します。
オルニチンの一日の摂取量
オルニチンの一日の摂取量を説明します。
オルニチンの体に対する危険性
オルニチンの体に対する危険性について説明します。
オルニチンとアルギニンとの相乗効果
アルギニンはスーパーアミノ酸と言われているように高いアミノ酸パワーを発揮すると言われています。